永代供養

 親が高齢になり、自分や配偶者にも老いが近づいてきた。そろそろ、墓のこと、先祖の位牌や今後の事を考え始めなければいけないと考える方もいらっしゃると思います。
 「後世みてもらう家族がいない。墓もない」そんな場合どうしたらいいの?と相談される方もいらっしゃいます。赤門寺・正壽院では、永代供養を執り行っています。 お問い合せ >>

 LinkIcon永代供養

人形供養

お盆法要に合わせ例年通り初盆送り回向後に人形供養をさせていただきます。今まで大事にされていました日本人形や、お雛様、ぬいぐるみ等、お役目の終えた人形の取り扱い方がわからず、お困りの方はいませんか?
人形は昔から魂(みたま)が宿るといわれます。大切に供養してあげましょう。人形供養法要は8月15日(日)初盆の精霊送り回向後に執り行います。

お人形類は段ボールに入れて8月15日までにお寺の方へ、お持ちください
一箱・供養料は500円とし、華灯籠を供えて頂きます。

尚、処分に困る遺影や仏具類もご一緒にどうぞ。(仏壇・本尊様は事前要相談)
  お盆過ぎてからの受付はしておりませんのでご了承ください。

<8月の予定>

8月7日

 お盆法要 本堂 9時〜

8月8日〜15日

 棚経

8月15日

 精霊流し

8月18日

 写経会 赤心殿 15時〜






2021年7月1日 赤門通信

赤門通信 >>